スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
さて
2008-06-09 Mon 02:21
二ヶ月間、更新していませんでした。
そろそろ復活したいと思います。

さて、就職はというと、前回の日記にあったM社とS社は両方とも落ちました。どこが売り手市場やねんと。結局、厚木が勤務地のN社(自動車関係)に内定をいただき、入社することになりました。来年からは、町田に住みたいなあと思っているところです。←通勤時間20分弱。

読んだ本の感想を残すという目的で、ブログをはじめましたが、残念ながら今では映画がメインとなってしまいました。これは、あまりにも読書経験が少なく、活字を語る言葉を持っていないためだと思います。しかし、無い語彙を搾り出してこそ、本ブログを続ける価値があるわけでして、頑張って書いて、自らの創作のこやしにしたいです。目指せ、PFF、乱歩賞、手塚賞。まずはどれかに絞らんとあかんな。

ところで最近、エレキギターを買いました。24歳を目前にして一体何を考えているのか、私にも分かりません。趣味が増えるのはいいことだ、としておきましょう。
スポンサーサイト
別窓 雑記 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
将来について
2008-04-08 Tue 00:46
筆者、就職活動のため、更新が滞っています。

二年前も就職活動をしていたけど、これがなかなかうまくいかず、結局大学院へ進学することにした。
で、再び就職活動の時期が訪れたわけですが、今回は結構がんばっています。

まず、企業を選ぶにあたって、次のことを目指している。

①残業が少ない
②勤務地が都市圏
③仕事にやりがいがもてる
④そこそこの給料

お察しのとおり、そんな優良な企業はなかなか存在しません。
ちなみに①②は、プライベートで映画をつくり続けたいという思いからです。
時間があるにこしたことはないし、都市圏にはたくさんの同志が集まるであろうからだ。
これに加え、③も重要だ。
一日の3分の1以上の時間は、仕事に費やされるわけだから、この時間を有意義に感じられないというのは、苦痛だ。
④は、おまけ。無いより有るほうがよいのは、自明。

以上より、導き出された会社は


M社とS社。


両者とも選考中です。
さて、どうなることやら。

別窓 雑記 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
疲れています。
2007-11-24 Sat 18:15
2005-03-31.jpg


「オールウェイズ、トゥ~ギャザ~♪」

打ち上げの席でのこと。

聞き覚えのある歌が、どこからともなく聞こえてきた。

その音楽は!まさしく白浜アドベンチャーワールド!

歌っていたのは、同期の学生。

もしや君は関西人か。

そして、固く握り締めた彼のこぶしの中には、なぜかTAITOのコイン。

「やるよ」

まあよくわからないけど、もらっておきました。


次の日、松屋へ行ったとき。

ひー、ふー、みー、よー、・・・

あれ、600円入れたはずやのに、食券販売機には、

なぜか「投入金額200円」というデジタル表示。

返却ボタンを押しても、やっぱり200円しか返ってこなかった。

後ろに、人が並んでいるのに気づき、

僕「お先にどうぞ」

男「あ、すみません」

10秒後。

男「あれ、おかしいな、TAITOのコインが出てきたよ」

僕「まじっすか、それはウケますね」

すでに僕は、なんとなく、自分のせいではないかと気づいていた。

しかし、まさか自分がTAITOのコインを、販売機に入れたなどとは

言えなかったので、ずっと知らないフリをしていた。

店員さんを呼んで、販売機の中を開けてみると、コインと硬貨が

詰まっていた。

男「君も、お金が返ってこなかったんじゃないの?」

僕「えーと、そうですね、200円くらいだったかな?」

僕のせいだと思われたくなかったので、控えめの金額を要求した。


きっと、疲れていたんだろう。TAITOのコインを入れるなんて。

何事もなかったかのように、豚丼を注文し、店をあとにするのでした。

温泉へ行こう。



白浜アドベンチャーワールド
http://aws-s.com/index2.html


別窓 雑記 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
blog開設から半年
2007-08-18 Sat 11:38
はやいものです。

忙しさから、ブログの更新速度が遅れることもありましたが、

かろうじて続いているこの現状はまずまずの成果ではないかと

思っています。

当初は、本などを読みっぱなしにしておくのがもったいないという

のと、日常生活の中で文章を書く機会をつくりたいというのが

目的でした。

それで、実際はじめてみると、読書あるいは映画の感想文を書くの

はほんとに難しい作業なんだなと痛感しました。

自ら書いた文章を何日かおいて読み返してみると、顔から火がでそう

になることもしばしば。一体何様なのだと。

これもまたそのときの自分の考えなんだなと、あえて削除せずに

おいています。

ところで最近になってですが、僕にも物語をつくってみたいという

願望が生まれはじめ、小説や映画などの感想では、なにがこの作品

をおもしろくしているのかというふうな見方で書くことがあります。

的外れなことを言ってる事もあるかと思いますが、ブログとともに

僕自身も成長していきたいと思っている次第であります。

別窓 雑記 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
はじまりはいつも、くもりぞら。
2007-02-16 Fri 21:10
blogの開設。

まずは、今日で終わらないことを願いたい。

ところで今日、国立新美術館へ行ってきました。

「異邦人たちのパリ 1900-2005」という企画展が催されており、

いわゆるエコール・ド・パリと呼ばれる画家たちの作品が展示されて

いた。

最近、『藤田嗣治「異邦人」の生涯』(講談社文庫)を読み始め、今一度

彼の作品を鑑賞しなくては、との思いがあった。

国立新美術館は、開館して間もないためか、平日だというのに多くの

人たちで賑わっていた。

建物の外観が実にユニークで、建築物自体が芸術的。

ああいう、こぎれいなところにいると、自分がなんとなく上品になった

ように錯覚してしまう。

ああいうとこへは、たまにいくべきやね、と思う22歳の初春。

とりあえず藤田氏の作品を生で見ることができてよかった。

しかし、同じ日本人ということで贔屓目に見てしまうためか、数々

の著名画家の作品群の中で、彼の絵は特に異彩を放っているように

見えた。


藤田嗣治「異邦人」の生涯 藤田嗣治「異邦人」の生涯
近藤 史人


別窓 雑記 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。