スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
恋する日曜日 私。恋した
2007-07-04 Wed 00:20
s-koi2.jpg


製作年度 2007年
上映時間 97分
監督 廣木隆一
出演 堀北真希 、窪塚俊介 、岩本千波 、若松武史 、吹越満 、
    高岡早紀


 人気急上昇中の堀北真希主演、青春恋愛映画。
『Always 三丁目の夕日』では、多くのベテラン俳優に囲まれながらも、強い存在感を放っていた彼女。ちかごろは、若いのに演技がうまい女優さんが多いね。
↑知ったかぶり。
 最近、堀北真希のファンになったという友人に連れられ、映画館へ。しかし、すでにその日の最終上映が始まっており、扉には営業終了の看板。もぎりの店員もいなくなっていた。
 友人は扉に鍵がかかっていないことを確かめると、さっと建物の中へ侵入。おいおい大丈夫かよと言いつつ、僕もつられて映画館の中へ。この歳になってはじめて、タダ見をしてしまった。
 意外だったのは、観客が5、6人とガラガラで、しかもおっさんばっかりだったこと。青春を取り戻そうとしているのだろうか
↑失礼。

s-koi.jpg


 手持ちカメラに、雑な音声技術。この撮影技法は本作においてかなり成功していたと思う。17歳の少女の息遣いが真に迫ってくるようだった。ただカメラは、結構ゆれすぎの感があり、もう少し抑えてもよかったかな。上から下へパンするシーンでは、カメラマンが膝を折り曲げる様子が、画面から伝わってくる。

 余命わずかの少女のセリフが、重く響く。予想もつかない少女の発言。道徳だけでは片付かないシビアな世界を、廣木監督は少女の視点で描ききった。『ヴァイブレータ』も然り、低予算ながら骨太の人間ドラマを制作する監督の手腕はあっぱれ。
 毎度毎度、荒削りなのは否めないが、キャストの演技力もあいまって、頭一つ抜き出た秀作が生まれた。


スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
自動車絶望工場 ある季節工の日記
2007-07-03 Tue 08:45
自動車絶望工場―ある季節工の手記 (講談社文庫)






「ベルトコンベアは見ているのと、実際仕事をしているのとではスピードがちがう」


 電機工場の女子労働者の一言がジャーナリスト鎌田慧を強く打った。
 著者は、ライン工場で働く人々の精神的肉体的疲労を体感するため、自ら季節工として半年間トヨタに身をおいた。
 トヨタ入社後、著者はミッションの組み立てラインに配属される。そこで見たものは秒刻みで管理される生産ラインだった。会社は生産台数を増やすため、どんどんラインのスピードをあげる。ラインの無理な加速により、次々と起こる労災。機械につぶされていく、労働者達の何本もの指。


 「プレスですべってしまって、アゴひっかけただ。そんで顔がペロっとなくなったのがいたよ。型は血でいっぱいだったとよ。」

 「昼休みに、鍛造機を掃除しててよ、あとでスイッチを入れたら、腕や指が出て来たのもあるよ。一人行方不明になってしまって」(p177)


 著者が目にしたのは、生産の合理化を推し進めた末できあがった危険かつ非創造的な労働環境だった。

 著者が季節工としてトヨタに入社したのは、1972年9月。少し前に、北米に建設されたトヨタの工場を特集したNHKの番組を見た。番組の中で、トヨタの上役は、現地の社員が働くことに喜びを見出せる労働環境を備えることが大事というような発言をしていたかと思う。

現在では、かなり労働環境が改善されているのだろうか。

しかし、今のトヨタの異常に安定した収益性を考えると、やはりまだどこかで労働者に無理な負担を強いているのではないかと勘ぐってしまう。誇張や主観が入り混じっているかもしれないが、日本をひっぱる大企業の印象を、がらりと変えてしまう一冊だった。
別窓 ノンフィクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
あの夏、いちばん静かな海。
2007-07-01 Sun 22:56
あの夏、いちばん静かな海。 あの夏、いちばん静かな海。



製作年度 1991年
上映時間 101分
監督 北野武
出演 真木蔵人 、大島弘子 、河原さぶ 、藤原稔三 、寺島進 、
    小磯勝弥


北野武第三回監督作品。

バイオレンス抜きの静かで繊細な青春映画。

耳の聞こえない青年、茂はサーフィンに情熱を傾ける。

恋人の貴子はそんな茂を影ながら支える。

この二人の間には最後まで一切会話がなかった。

しかし言葉がなくても、二人は様々な方法でコミュニケーション

を取り合う。むしろ言葉を話せる他の登場人物以上に、

密度の濃い意思疎通を行っているように見えた。

言葉がないのに、お互いの思いが伝わる。

そんな感動的な瞬間を、カメラは幾度と捉える。

やっぱり北野武の映画が好きだ。

サイドストーリーとして、おとぼけの二人組みが茂に感化されて

サーフィンを始める。道化役もまた彼の作品の恒例となっているが、

これはきっと監督の照れ隠し。

この二人のやりとりもまたおもしろい。



別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。