スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
ゼイリブ
2009-11-16 Mon 03:29
theylive1.jpg

製作年度 1988年
上映時間 96分
監督 ジョン・カーペンター
脚本 フランク・アーミテイジ
出演 ロディ・パイパー、メグ・フォスター、キース・デヴィッド、ジョージ・バック・フラワー、ピーター・ジェイソン、レイモン・サン・ジャック、ジェイソン・ロバーズⅢ世


 ジョン・カーペンター監督の社会派ホラーの傑作。米誌エンターテイメント・ウィークリーが発表した、カルト映画傑作25選において、18位にランクインしています。

<あらすじ>
 失業中のナダは、通りすがりの工事現場で仕事にありつく。宿無しのナダであったが、仕事場で出会ったフランクにキャンプ地を紹介してもらう。ナダは、キャンプ地近くの教会で、怪しい連中たちの活動に気づき、観察を始める。ある夜、キャンプ地に武装した警察たちが押しかけ、住民達は無理やり追い出される。翌日、もぬけの殻になった教会を探っていたナダは、サングラスがたくさん入った箱を発見する。サングラスをかけ街に出たナダは・・・。

<感想>
 本作を見るまで、僕はジョン・カーペンター監督の実力を疑っていました。『遊星からの物体X』(1982)は、文句なしの傑作ですが、『ザ・フォッグ』(1980)などを見ていると、敵が、急にバっと現れて驚かせる演出ばかりを多用していたり、登場人物が敵に殺されるシーンではあまりにもオーソドックスな演出をしたりします。
 さて本作、冒頭から貧しい人々の生活を映し、アメリカにおける貧富の差を風刺的に描いております。また、壮大なスケールのこの物語は、なかなか先が読めず、展開が意外でおもしろいです。社会風刺とスケールの大きさ、なんとなくキューブリック作品を彷彿させます。ちなみに小道具のサングラスは、ドラえもん的なB級テイストを醸しているが、きっと確信犯でしょう。
 サングラスをかけたときに見える世界は、現代社会の違和感を鋭く指摘しています。宇宙人は、現実世界でいうところの権力者をあらわしているのでしょうか。知らず知らずのうちに、市民の生活がコントロールされているという恐怖は、現実世界でも当てはまっているような気がします。
 ところで、ジョン・カーペンター監督は、登場人物の生活感を出すのがうまいですね。まるで本当にそこに住んでいるかのようです。それに加え、構図、カメラワーク、そして、極力セリフを排除したシンプルなストーリーテリング。ジョン・カーペンター監督は、映像作家としての基礎的な技術をしっかり身に付けているのだと思います。意外に非ホラー作品においても、力を発揮するのではないかと思ってしまいました。
スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。