スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
ハッピーフライト
2012-02-29 Wed 23:47
img_287293_2575194_2.jpg


製作年度 2008年
上映時間 103分
監督 矢口史靖
出演 田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸部一徳、田中哲司、いとうあいこ


 人気の矢口史靖監督作品。たてつづけにヒット作を発表しておりますが、僕的には「裸足のピクニック」の個性が、いつ復活するのか期待していたりします。

<感想~少々ネタバレ>
 風が吹けば桶屋が儲かる。空港で働く人々のちょっとした行動が、他の担当の仕事へと次々影響を及ぼしていきます。トラブルがトラブルを呼び、めくるめく場面転換によって、空港の職員の仕事を俯瞰できるぜいたくなストーリー構造です。
矢口監督がこれほど綿密に取材をするようなイメージはなかったのですが、取材の成果をうまく映画に織り込められていて感心しました。
後半のピトー管の破損から、空路を調整するまでの一連の流れは、少々マニアックな印象ですが、ちゃんと緊迫感が出ていました。監督はきっとメカが好きなのでしょう。

時任三郎、寺島しのぶ、岸部一徳ら演じるベテラン職員と若手職員たちとの師弟関係もしっかりと描かれておりました。登場人物が多い中、それぞれ仕事人として魅力的に描かれており、見終わって元気がでる映画でした。
毎回、楽しい映画を提供してくれる矢口監督。ただ、このような優等生的な映画づくりで、果たして本人は満足しているのでしょうか。
スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。