スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
下妻物語
2012-10-23 Tue 00:13
img_368005_3214311_2.jpg


制作年度 2004年
上映時間 102分 
監督 中島哲也
脚本 中島哲也
原作 嶽本野ばら
出演 深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、阿部サダヲ、岡田義徳、小池栄子、荒川良々、生瀬勝久、本田博太郎、樹木希林

 NHK BSで放送中の「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 喜劇編」の一本に選ばれた、中島哲也監督作品。山田洋次監督が、こんな作品を好んでみているというのは、意外でしたが。ちなみに、本作を見るのは2回目で、かつて見たはずでしたが、4分の3くらいは覚えていませんでした。

 終始ギャグで、笑わせてくれますが、物語の骨格を一言でいうとバディムービーかと思います。このような作品形式で、おもしろさを引き立たせるポイントは、いかに相方同士となる2人の登場人物の価値観がおおきくずれているか、に尽きるのではないでしょうか。お互いが、もう一方の生き方・価値観にひどいカルチャーショックを受け、そのショックに対するリアクションが大きければ大きいほど、観客は面白いと感じる・・・はず。ロリータ・ファッションを愛する桃子(深田恭子)とバイクを愛する暴走族のイチゴ(土屋アンナ)。この設定からして、もうすでに面白そうです。大きな価値観の違いを乗り越えながら、お互いに認めはじめる二人の姿はなんとも感動的です。
 CM監督らしいオリジナルティ溢れる演出もさることながら、あれよあれよと観客の興味をひきこむ技術はさすがと言わざるをえないです。
スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。