スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
世界の半分が飢えるのはなぜ?
2013-01-06 Sun 01:57
世界の半分が飢えるのはなぜ?―ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実世界の半分が飢えるのはなぜ?―ジグレール教授がわが子に語る飢餓の真実
(2003/08)
ジャン ジグレール、Jean Ziegler 他

商品詳細を見る


 何年か前に松本仁一氏の『カラシニコフ』を読んで、アフリカの国々について興味を持つようになりました。未熟な国家を抱えるアフリカでは、日本とはレベルが異なる課題が山積みです。本書は、そんな課題のひとつである飢餓の原因について、ジュネーブ大学のジャン・ジグレール教授が解説したものです。
 ジグレール教授が、我が子とQ&Aのスタイルで語り合うわかりやすい構成となっています。中高生が対象かと思いますが、読んでみると大人も勉強になる含蓄の深さでした。

 本書によると、世界中で「深刻な飢餓状態」にある人は、3000万人。その他、「慢性的な栄養不良とみられる人が8億2800万人いるそうです。(1999年 国連食糧農業機関)
 このような飢えの原因として、本書では、自然災害、政治腐敗、市場価格操作、内戦などなどを指摘しています。本書を読んで、特に、政治腐敗、市場価格操作について初めて知りました。

 政治腐敗の一例として、セネガルのモノカルチャーを紹介しています。モノカルチャーとは、ある国の、主要生産物がたったひとつの産物に偏っていることで、セネガルではピーナッツにあたります。セネガルのモノカルチャーは、かつてフランスの植民地だったころの負の遺産です。セネガル政府は、ピーナッツの輸出で得た収入の一部で、他国から米を大量に買い付けているそうです。このとき、セネガル政府は、輸出価格に対し不当に低い価格で、農民からピーナッツを買い上げていて、その差額を役人が吸い上げ、豪奢な生活の糧にしているそうです。

 また、市場価格操作と飢餓との関係ついて衝撃的な事実を解説しています。世界中に食糧を公平に分配する国際機関である国連食糧計画(WFP)は、援助国からの援助金を拠出し、被援助国の主食となる食物を買い付け援助食糧としています。WFPが、限られた援助金を使って食物を買い付けるにあたっては、市場価格が非常に重要となってきます。ところが、国際的な穀物の市場価格は、「穀物メジャー」と呼ばれる数社の商社によって、「ダンピング」や「在庫隠し」といった投機的な手段で決定されます。

 「世界の穀物市場、シカゴの冷徹な支配者たちは、穀物不足に悩まされるチャドやエチオピアのことなんて気にしない。(中略)かれらには手が出ないような高値で穀物が取引きされているということなどには、とんと関心がない。ただ毎週、数百万ドルの利益をあげることだけに心を傾けている。」(p65)

 ジグレール教授は、これら食糧問題を解決するにあたり、「市場原理主義」が本当に正しいのか懐疑の念を抱いています。

 「市場原理主義がいう『見えざる手』、つまり自由な世界市場に任せていれば、ほんとうに公平な社会が実現されるのだろうか?(中略)しかしもっと問題なのは、その主張が詳しく検討されないままに世界に浸透していっていることだ。なにが人間にとってほんとうに必要なものであるのか、なにが社会にとってほんとうに必要であるのかは問われぬまま、『経済合理性』という標語だけがひとり歩きしはじめている。」(p163)

 本書を読んでいると、日々の考え方が内向きであることに気付かされます。投資で財産を増やすのも生活の知恵かと思いますが、世界全体のバランスを忘れずに行動したいものです。特に、アフリカの食糧事情のような致命的な政治課題について、もっと日本でも議論が活発になってほしいと願うばかりです。アフリカの悲惨な現状を記述した書籍はすでに何冊も刊行されています。そのなかでも、その悲惨さの背後にある原因について深く言及した本書は、特に貴重だと思いました。
 
 最後に、「キューバ革命」にあこがれていたジグレール教授が、学生時代にチェ・ゲバラに出会ったエピソードが印象的でした。

 「1968年、スイスのジュネーブで国連貿易開発会議(UNCTAD)がひらかれ、キューバ革命にはせ参じたアルゼンチン生まれのチェ・ゲバラが、キューバ経済大臣として会議に出席しました。当時まだ学生だったジグレールさんはチェの泊まっているホテルのロビーでかれと会います。
 開口一番ジグレールさんは、『キューバ革命に参加するため、僕をキューバにいけるようにしてください』と頼み込みます。するとチェはかれの手をひいて、レマン湖を見下ろすバルコニーまで連れていき、対岸に輝く世界的に有名な製薬会社バイエル社や食品会社のネスレ社のネオンサインをさしてこういいます。
 『君はスイスに残って、この怪物と戦うのだ』」(p178)


スポンサーサイト
別窓 その他 コメント:1 トラックバック:0 ∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。