スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
アドルフに告ぐ
2007-02-17 Sat 00:42
アドルフに告ぐ (1)





「ヒトラーが実はユダヤ人だった!」

物語は、この秘密によって翻弄される人間達の運命を描く。

ちなみに僕自身も、翻弄されてしまった一人である。

漫画を読み始めてすぐ、慌ててインターネットで「ヒトラー」を検索。

ウィキペディアによると、ヒトラーのユダヤ人説はすでに

否定されているとのこと。

なんだか肩透かし食わされたみたいだったが、それはおいといて、

同作のサスペンスの巧妙さは、さすがといわざるを得ない。

秘密文書をなんとしても隠蔽しようとするゲシュタポ、

文書を公開し弟の無念を晴らそうとする峠草平、

隠蔽した文書が治安維持法に引っかかるとして

追いかける特高。様々な人間の思惑が交錯し、

意外な方向へ物語は進んでいく。

また物語終盤、民族紛争に対する著者の疑問が前面に出、

これまでのいざこざが伏線となっていたことに気づく。

単なるサスペンスとして終わらせないところが、

手塚治虫のすごさだろう。

これをきっかけに、さらに手塚作品を読みたくなった。

次は『火の鳥』だ。


スポンサーサイト
別窓 漫画 コメント:0 トラックバック:1 ∧top | under∨
<<地下鉄のザジ 機械材料加工学Ⅱ はじまりはいつも、くもりぞら。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
アドルフに告ぐ『アドルフに告ぐ』(アドルフにつぐ)は、手塚治虫の漫画作品。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL …
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。