スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
地獄の黙示録
2007-03-31 Sat 09:31






製作年度 1979年
上映時間 153分
監督 フランシス・フォード・コッポラ
脚本 ジョン・ミリアス
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
出演 マーロン・ブランド 、マーティン・シーン 、デニス・ホッパー 、
    ロバート・デュヴァル 、フレデリック・フォレスト 、アルバート・ホール



二年ほど前に一度観たが、意味不明との印象しか得られず、

歯痒い思いをした記憶がある。

今回、立花隆の『解読「地獄の黙示録」』を読んだのを

きっかけに再び興味が湧き、もう一度観てみようという気になった。

しかし、やはり今回も立花隆が絶賛するほど、「これはヤバイ」

という感想は抱けなかった。

大体、コッポラの作品はB級映画と紙一重のような気がしてならない。

作品の表面だけを見ると、戦争という特殊な状況下で生まれる

人間の狂気を描いたものだといえようが、立花隆は

さらにエディプスコンプレックスの存在について言及する。

すなわちカーツが父、ウィラードが息子という精神的な関係があり、

父カーツを乗り越えることにより、息子ウィラードは成長を

遂げるのだという。

また劇中流れる、ドアーズの「ジ・エンド」についても、

軍人家系であったジム・モリスンがエディプスコンプレックスを

脱するためにつくった曲であるとし、この曲により視聴者に

劇中のエディプスコンプレックスの存在を暗示しているのだという。

ここまでくると、それがどうしたとしか言えない。

一体、何人がこのことに気づくだろう。

ただ、後半のカーツの登場以降は、物語を神話として捉え

現実に起こったものとしては観ない方がいい、という

立花隆の話はなんとなく納得してしまった。

多様な解釈ができるこの作品は、やはり好みの映画では

なかったが、数年後に改めて観てみたい。


にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<サムライ 機械材料加工学Ⅱ さくらん>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。