スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
ホテル・ニューハンプシャー
2007-04-27 Fri 00:23
fc26f2b7.jpg


製作年度 1984年
上映時間 109分
監督 トニー・リチャードソン
原作 ジョン・アーヴィング
出演 ジョディ・フォスター 、ロブ・ロウ 、ポール・マクレーン 、
    ボー・ブリッジス 、ナスターシャ・キンスキー 、
    アマンダ・プラマー


ベリー一家の波乱を描く青春ホームドラマ。
ちかごろ80年代のアメリカ映画にはまっている。特に青春ものやホームドラマに。
70年代では、アメリカンニューシネマの尾を引いているためか、アウトローな作品が多いような印象があるし、90年代に入ると、ホームドラマの数が急減し、ド派手なアクション映画やサスペンス映画が席巻していた印象がある。

その点、80年代は明るくて豊かな作品が多いように思う。
↑超独断。

当時の作品の明るさ、豊かさはやはりその時代のムードを反映していたのではないか。
ちなみに、タランティーノは80年代の映画が大嫌だったらしい。しかし、探せば探すほどまだまだ名作があるものだね。

コメディーかと思いきや、とんでもなく重い出来事が一家に訪れる。なんでもありのこの作風は、おそらく『フォレスト・ガンプ』なんかに受け継がれているのだろう。

たくさんの不幸に見舞われるベリー一家であるが、へこたれることなく、前向きに人生をあゆんでいく。本作のあらすじを文章で読んだ人は、きっと暗い映画だと勘違いするにちがいない。

しかし、まずは映画を観て欲しい。エンドロールを迎えたころには、爽快な気分を味わっているはず。

ところで、この頃のジョディ・フォスターを見ていると、なんとなく土屋アンナとキャラがかぶっているように見えるが、僕だけだろうか。


スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<セント・エルモス・ファイアー 機械材料加工学Ⅱ イン・ザ・プール>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。