スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
セント・エルモス・ファイアー
2007-05-02 Wed 20:59
セント・エルモス・ファイアー セント・エルモス・ファイアー





製作年度 1985年
上映時間 108分
監督 ジョエル・シューマカー
出演 エミリオ・エステヴェス 、ロブ・ロウ 、アリー・シーディ 、
    デミ・ムーア 、アンドリュー・マッカーシー 、ジャド・ネルソン


前回の『ホテル・ニューハンプシャー』に引き続き、

80年代アメリカ作品の青春ものをチョイス。

厳密にいうと本作は、大学で青春を過ごした若者たちの、

卒業後の生活を描いたものだ。

大学時代を描くとすると、『あすなろ白書』みたいな感じに

なるのだろう。しかし、あえて卒業後を描くことで

過去を引きずる若者たちの姿が浮き上がり、物語が重層的に

みえるという効果をあげている。(と思う。)


学生気分が抜けきれない彼ら彼女らであったが、

恋愛、仕事というありきたりだが大きな壁にぶち当たる。

そんな中、仲間の一人が部屋に閉じこもる。

彼女を助けようと、若者たちは集まった。


物語終盤にかけて、進むべき道を自ら見定めていく

若者たちの姿に、学生からの成長がはっきりと見て取れる。

彼らはまさに今の僕と同年代であり、学生ということで

甘えている自分の姿を映画の中に見た気がした。

そうはいっても、彼らの方が僕よりよっぽど大人である。

「僕ももっと成長しなければ…」

僕くらいの年齢の人間が観ると、多くはそんな感想を抱くの

ではなかろうか。


スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<沙耶のいる透視図 機械材料加工学Ⅱ ホテル・ニューハンプシャー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。