スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
自動車絶望工場 ある季節工の日記
2007-07-03 Tue 08:45
自動車絶望工場―ある季節工の手記 (講談社文庫)






「ベルトコンベアは見ているのと、実際仕事をしているのとではスピードがちがう」


 電機工場の女子労働者の一言がジャーナリスト鎌田慧を強く打った。
 著者は、ライン工場で働く人々の精神的肉体的疲労を体感するため、自ら季節工として半年間トヨタに身をおいた。
 トヨタ入社後、著者はミッションの組み立てラインに配属される。そこで見たものは秒刻みで管理される生産ラインだった。会社は生産台数を増やすため、どんどんラインのスピードをあげる。ラインの無理な加速により、次々と起こる労災。機械につぶされていく、労働者達の何本もの指。


 「プレスですべってしまって、アゴひっかけただ。そんで顔がペロっとなくなったのがいたよ。型は血でいっぱいだったとよ。」

 「昼休みに、鍛造機を掃除しててよ、あとでスイッチを入れたら、腕や指が出て来たのもあるよ。一人行方不明になってしまって」(p177)


 著者が目にしたのは、生産の合理化を推し進めた末できあがった危険かつ非創造的な労働環境だった。

 著者が季節工としてトヨタに入社したのは、1972年9月。少し前に、北米に建設されたトヨタの工場を特集したNHKの番組を見た。番組の中で、トヨタの上役は、現地の社員が働くことに喜びを見出せる労働環境を備えることが大事というような発言をしていたかと思う。

現在では、かなり労働環境が改善されているのだろうか。

しかし、今のトヨタの異常に安定した収益性を考えると、やはりまだどこかで労働者に無理な負担を強いているのではないかと勘ぐってしまう。誇張や主観が入り混じっているかもしれないが、日本をひっぱる大企業の印象を、がらりと変えてしまう一冊だった。
スポンサーサイト
別窓 ノンフィクション コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<恋する日曜日 私。恋した 機械材料加工学Ⅱ あの夏、いちばん静かな海。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。