スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
ゆれる
2007-09-16 Sun 18:49
s-yureru.jpg

製作年度 2006年
上映時間 119分
監督 西川美和
出演 オダギリジョー 、香川照之 、伊武雅刀 、新井浩文 、
    真木よう子 、木村祐一


つり橋の上で起こった事件を巡り、ある兄弟の心象を鋭く捉えた秀作。
僕的には、最近観た映画の中でナンバー1かも。


<以下若干ネタバレです、注意>


まずは、オープニング。おなじみのオダギリジョーが、レトロな車に乗って田舎町を駆け抜ける。オシャレなこのシーンは、きっと昔のアメリカ映画へのオマージュ。無駄なセリフを排除して、登場人物の目線やしぐさで最低限の情報を伝える。細やかな表情の変化を捉える監督の手腕は絶妙。

感心したのは、裁判所でのワンシーン。
オダギリジョーが、それまでの証言を覆す重大な発言をおこなった後の演出。聴衆は微動だにせず、カメラは何事もなかったかのように、同じ構図でオダギリジョーを撮り続ける。
よくある演出方法としては、そのような重大発言の後、カメラは聴衆がざわつく様子を追い、主要人物たちの表情の変化をアップで次々とらえていくものだ。
なんとなく習慣になってしまう現象は、怖いもので、ちょっと立ち止まって演出方法を考えてみる、というのは大変重要なことであると思う。
西川監督は、きっとたくさん映画を見ているんだろうな。

s-yureru2.jpg


また脚本の執筆も監督が兼ねているが、こちらの完成度もたいしたもの。
危険なつり橋を渡るオダギリジョー。それを追いかける女性。女性を止めようとする兄。現実でも、またメタファーとしても、各人の命運をわけるつり橋。見事の一言。



スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<文学賞メッタ斬り! 機械材料加工学Ⅱ クレージー黄金作戦>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。