スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
ナニワ金融道
2007-12-03 Mon 02:52
ナニワ金融道 (1) (講談社漫画文庫) ナニワ金融道


金貸しとは、基本的には、顧客に現金を貸したときの利息で利益を上げていくものだ。しかし、簡単そうに見えるこの工程の裏には、予想以上に深いノウハウが詰まっている。高利である街金に足を運ぶ連中は、たいてい金策につきている。したがってそういった連中に融資する際は、元金の回収の可能性(固定資産だったり、親戚の財産だったり)を先回りして調査する。金貸しの理想とは、多額の金を貸し付け、かつ、顧客から元金と利息をもれなく回収することである。

『ナニワ金融道』に登場する帝国金融は、法律スレスレのところで、元金の回収を実行する。この場合、法律の知識も必要だが、いかに人を扇動するかという、人心掌握の技術が重要となってくる。街金もビジネスの一種であるとしたら、ビジネスは論理だけではうまくゆかないということを、象徴的に示唆しているように感じた。こういった金融業の細かなノウハウとともに描かれた、世の中のグレーゾーンは、なんとも興味深い。

naniwa_03_001.gif

 まるで落書きのような絵柄は、人によっては抵抗があるかもしれないが、よくよく見るとこれがまた味わい深い。この単純な絵柄に反するかのように、作品世界は実にリアルで、全編を通して鋭い人間描写が冴え渡っている。
 本作の一つのおもしろさは、徐々に没落していく人間の様子である。いかにも怪しい人間に騙され、資産を奪い取られる顧客の姿は、あまりに悲惨で直視できないが、その顛末まで見届けたくなるのが人情。人間の不幸を描き、おもしろさを生み出す。意外にこのタイプのストーリー展開を採用しているクリエイターは少ない。最近の漫画だと、『闇金ウシジマくん』が、これを推し進めた数少ない例だろう。個人的な見解だが、この部分を研究すると、まだまだストーリ展開のバリエーションが広がりそうである。

 本書では、金融のしくみを説明しつつ、各登場人物の人間性を描き、かつ読者を引き込むストーリーを展開させている。この脅威の構成力を持ち合わせている青木は漫画家としてのデビューが45歳と、遅咲きであった。『ナニワ金融道』連載終了後は、漫画家を引退。少産の作家であるのが、惜しまれるところだが、作風は『カバチタレ』などにしっかりと受け継がれている。
 引退後しばらくエッセイなどを連載していた青木は、2003年9月に肺ガンで亡くなった。


スポンサーサイト
別窓 漫画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<タイガー&ドラゴン 機械材料加工学Ⅱ 疲れています。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。