スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
タイガー&ドラゴン
2007-12-09 Sun 02:08
tigerdoragon.jpg


放映年度 2005年
制作 TBS
脚本 宮藤官九郎
監督 金子文紀
出演 長瀬智也、岡田准一、伊東美咲、塚本高史、蒼井優、
    阿部サダヲ、西田敏行、笑福亭鶴瓶


 いまさらというようなドラマを引っ張りだして見ています。
しかし、クドカンは、やっぱりすごいな~。古典落語のネタを生かしつつ、現代風にアレンジしたストーリーは新鮮だ。
 とはいっても落語のネタと実際に起きた事件が錯綜する複雑な構成に、はじめは少々戸惑いを覚えた。物語を完全に理解しようとするならば、2、3度視聴すべきだが、分からないところは流して、分かるところだけ追っていっても、十分楽しめる。
 そんなわけで、テレビドラマとしては、かなり挑戦的だったのではないだろうか。

 オチがバシッと決まっている回もあれば、なんかイマイチだなと思うような不完全燃焼の回もある。最終回に近づくにつれ、それ落語じゃなくね?ってな回もあった。しかし、そこらへんの破綻を差し引いても、人情溢れる物語はなかなか深みがあり、う~むとうならされることしばしば。
 個人的には、「小虎と銀次郎」、「小虎と師匠」の関係が粋で、感動のあまり何度かため息をもらした。

tigerdoragon2.jpg


 ところで、落語がテーマのドラマとして、この秋から『ちりとてちん』(朝ドラ)が始まった。『タイガー&ドラゴン』とは、方向性が異なるが、これまた優れたドラマである。『タイガー&ドラゴン』が演劇的にノリで笑わせていたのに対し、『ちりとてちん』はセリフのひねりで、笑いをとる。後者のほうが、きっと幅広い世代にうけることだろう。コメディの質という点では、『ちりとてちん』の方が一枚上手といえるか。
 しかし、いずれのドラマも題材をよく研究しているようで、素人から見ても、落語の世界って奥が深いんだな~と感じた。
 挑戦的なクドカンの作品に今後も注目していきたい。


スポンサーサイト
別窓 テレビドラマ コメント:0 トラックバック:1 ∧top | under∨
<<救命艇 機械材料加工学Ⅱ ナニワ金融道>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
笑えて泣ける人情ストーリー。 毎回めっちゃ楽しかった! …
2007-12-09 14:48 Akira's VOICE
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。