スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
スメル男
2007-12-24 Mon 13:10
スメル男 (講談社文庫) スメル男
原田 宗典



『十九、二十』読後、原田宗典は只者ではないなとの印象をうけた。ユーモア溢れる文体と、さめた視線の登場人物たちが、僕の好みに合致していたのも一つの理由だろう。


 日常のごくありふれたシーンから始まる『スメル男』は、読み進むうちにだんだんと、話のスケールが大きくなっていく。
 嗅覚を失った主人公は、ひょんなことから都市を覆うほどの強烈な体臭を発しだす。その原因は、実はある企業のたくらみによるものだった。
 作品前半と後半とを比較すると、明らかに雰囲気が違う。わりとコメディチックにはじまる本作だが、後半ではわりとシリアスなエピソードが多く、不覚にも目になみだを溜めてしまった。全体の統一感がない反面、ストーリー展開の意外性はおもしろかった。
 そんなわけで破綻なく400ページという長編を書き上げられたのは、特筆すべき点だろう。巧みに張り巡らされた伏線など、エンターテイメント作家としての技術が、物語を支えていた。

 『スメル男』以降、原田宗典は短編の修練に励む。僕としては、もっと長編を書いてもらいたいところだが、たしかに短編でこそ原田宗典らしさが発揮されるのかもしれない。『スメル男』は中だるみを避けるために、随所に読者を飽きさせないための技巧がほどこされ、作者の苦労の跡が滲みでている。
 しかし短編を書くにあたっては、そういった小説的なしかけが、高い密度で発揮され、かつ重要な場面に集約されるはずである。『スメル男』の後に発表された中篇『十九、二十』は、原田宗典の適性が長編よりも短編であることを物語るひとつの好例だろう。短編、エッセイで活躍する原田氏に今後も注目していきたい。


スポンサーサイト
別窓 小説 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 機械材料加工学Ⅱ 21g>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。