スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
天然コケッコー
2008-03-25 Tue 00:41
s-tennenn.jpg

制作年度 2007年
上映時間 121分
監督 山下敦弘
脚本 渡辺あや
撮影 近藤龍人
出演 夏帆、岡田将生、柳英里沙、藤村聖子、森下翔梧、本間るい、宮澤砂耶、夏川結衣、佐藤浩市、廣末哲万、大内まり


 全校生徒7人という田舎の学校を舞台にした青春映画。中学二年の右田そよ(夏帆)は、小学校からずっと、同級生のいない学校生活を送っていた。ある日、東京から大沢広海(岡田将生)が転校してくる。広海に密かな恋心を抱くそよだったが。
 こういう素朴な設定が好みです。僕自身、田舎で生まれ育ったことが一つの理由かと思います。

 山下敦弘監督は、最近、知人の間でよく話にのぼる人です。最近では、『リンダリンダリンダ』で話題になった監督で、日本のアキ・カウリスマキだとか、日本のジム・ジャームッシュだとか言われていたそうです。新人監督は、作風が高名な巨匠のものに似ていると、よく「××(巨匠の名前)の再来」なんて言われますが、本人にとってはあまりうれしい言葉ではない気がします。なぜなら、暗にパクリだと言っているみたいだから。
 それは置いておいて、たしかに本作を観ると、かように評される理由がわかる気がします。これといって大きな事件が起きなかったり、ささいな日常生活を撮るのがうまかったり、カットがやたら長かったり。

 恋に発展する前の恋を描いたとかなんとか、監督はどこかでおっしゃっておられました。そよの不可解な行動は、恋心を自覚できないという精神的な発育途上が起因しているわけです。映画『耳をすませば』は、少女と少年がはっきりと恋愛を自覚するまでを描いた名作ですが、これに対し『天然コケッコー』の二人は、最後の最後でやっと恋愛に気づきはじめる。その繊細な瞬間をラストシーンに迎えたところが、なんともにくい。恋愛に幻想を抱けなくなった方、都会の喧騒から離れたい方、ぜひ一度鑑賞を。
スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<将来について 機械材料加工学Ⅱ ハゲタカ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。