スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
血を吸うカメラ
2009-08-31 Mon 23:11
peeping_tom.jpg

製作年度 1960年
上映時間 102分
製作 マイケル・パウエル
監督 マイケル・パウエル
脚本 レオ・マークス
出演 カール・ベーム、アンナ・マッセイ、モイラ・シアラ


 巨匠マイケル・パウエルによるカルト・ホラー。一度DVD化されたものの、現在は廃盤となっておりプレミア価格がついております。近くに大型レンタルビデオ店などが無い限り、視聴が困難となっているのが現状です。新宿TSUTAYA万歳。

〈あらすじ〉
 撮影助手を務める青年マークは、女性が恐怖におののく姿をカメラに収めるという異常趣味を持つ。女性たちはナイフを突き立てられる自らの姿を、鏡越しに見せ付けられ、あまりの恐怖に顔を歪めるのであった。次々と女性を殺害するマークであったが、ついに警察に足取りを捕まれ…。

〈感想〉
 賛否両論ありますが、僕は結構好きです。まずは、オープニング。カメラを撮影するマークの目線で、女性が恐怖のために顔を歪める姿を追います。その後、自宅で撮影したフィルムを再生。さきほどと同じ光景がモノクロで繰り返されます。極めてクリエイティブかつ簡潔にマークの異常趣味を説明したシーンだと思います。

 さて、ホラーというジャンルは、観客を怖がらせることが大きな目的です。これは異論が無いかと思います。そのため一般的なホラーは、だいたい、追う側(怪物、犯罪者)と追われる側(被害者)が存在し、主人公が追われる側であることが多いです。追う側が未知なわけですから、サスペンスやスリルが増すという寸法です。一方、本作は、主人公が追う側となっており、一般的なホラーの設定を逆転させたスタイルになっております。このようなスタイルで、成功した作品の一つにウィリアム・ワイラー監督の『コレクター』(65年)が挙げられます。『コレクター』も主人公が追う側というスタイルをとりますが、物語の進展とともに、感情移入の対象が準主役の女性役(終われる側)に移り、観客は主人公に対し恐怖を感じるようになります。現代から観ても、極めて珍しいタイプのホラーです。

 ここで、もう一度本作を観てみましょう。本作も、後半になるにつれて、準主役の女性役の登場頻度が多くなってきます。『コレクター』の成功ポイントに近づきそうです。ところが最後まで、いまいち女性に感情移入ができません。この理由は明白で、主人公があまりにもいい人すぎて、いまいち女性が危機にさらされているように感じられないためでしょう。『コレクター』では、主人公がだんだん悪人の本性をあらわしてくるのです。
 『血を吸うカメラ』は、ホラーという点で未熟ではありますが、きっと『コレクター』のアイデアのヒントになったのだと思います。このような特異なストーリ構造は、現代でこそ省みる必要があり、エポックメイキングと呼ぶにふさわしい作品だなと思いました。
スポンサーサイト
別窓 映画 コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<フランケンフッカー 機械材料加工学Ⅱ ホステル>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 機械材料加工学Ⅱ 

最近の記事

プロフィール

kkaazz2000

Author:kkaazz2000
技術系。神奈川在住。

歴史から消えつつあるカルト映画たち。さもありなんという作品から、なぜこれがという作品まで。そんな不可思議な世界にはまりつつある今日この頃です。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。